島根のコト、旅行のコト、日記のコト、スタバのコト、ガーデニングのコト:taku0126jp

バラの誘引の仕方、コツ

ここ数日暖かい日が続き、バラの花芽が徐々に膨らんできています。咲くのは来週末くらいからですかね?

育てている品種は『ピエール・ド・ロンサール』ツルバラで強健で花つきもいいため初心者向きのバラです。

花が咲くのは1年に1回(一季咲き)が基本ですが、時には秋に返り咲きします。

つるバラの誘引の仕方のコツをご紹介。アーチ仕立てにする際のコツですが、新芽が出たまま上に伸ばす方法でもいいですが「早くアーチを覆いたい!苗は小さいけど花芽を沢山付かせたい!」というときのコツです。

バラの誘引のコツ

シュートがある程度伸びたら横に倒します。そうすると葉の付け根から新芽が沢山吹き、しかも立てたまま育てるより伸びが早く花芽がつきます。

そして花が終わった頃に倒した枝をまた立ててやります。そうすると花芽がついた枝が自動的に横に倒した状態になり、葉の付け根から新芽が沢山吹きます。

これを繰り返すだけで、花芽は沢山つくは、芽は沢山でるはで5年後、10年後アーチが沢山の枝で覆われ沢山の花が咲きます。

 

花が咲くまであと少し!

バラの花芽

バラゾウムシに殺られないよう気をつけて管理しましょう!!