島根のコト、旅行のコト、日記のコト、スタバのコト、ガーデニングのコト:taku0126jp

変態カメラ SIGMA DP1x

まずはSIGMA DP1xを使っておられるみなさん。変態って言ってゴメンナサイ。

本気で変態だと思ったからです。どこら辺が変態かというのは後ほど

 

SIGMA DP1xとはなんぞや??

SIGMAというカメラメーカー(カメラ本体も販売していますが、レンズの方が有名です)が出しているコンパクトタイプのデジカメです。ちなみに単焦点。(ズーム機能ナシ)

SIGMA DP1x

何故変態か?

ISOが50~3200までですが、ちゃんと使えるのはISO100だけ400まで使えるかな~という感じですが、ノイズは入るはでレタッチが確実に必要。

夕方に撮ると100でもノイズが乗っている。

ホワイトバランスが上手く取れていない感じなのでRAWで撮るのが必須。RAWで撮った方がこのカメラのおもしろみが出ます。

フルサイズじゃないのにフルサイズに迫る描写力。モノの質感がシッカリ取れて、色がめちゃくちゃ鮮やか!僕が持っているD7000の方が描写力下かも・・・

手ぶれ補正機能ナシ。三脚が無いとブレます。

 

と、ここからテストで撮ってみた写真

DP1x

色つぶれ、葉っぱの先がぼやけそうなところがメチャクチャシャープ。

DP1x

唐辛子の赤が本当に赤!眩しいくらい赤!そしてこれまたシャープ。唐辛子に当たってる光の具合がしっかり表現されています。

唐辛子のフルサイズが見たい方はこちらへどーぞ(手ぶれしてます・・・)

 

SIGMA DP1x、ボディー小さいのに描写力が本当に変態です。

昼間に撮ったらもっときまった素敵な写真が撮れるカメラ。

かなりじゃじゃ馬(SIGMAのカメラ自体そうかも)ですが、使いこなせれば最高のカメラでしょうね。