島根のコト、旅行のコト、日記のコト、スタバのコト、ガーデニングのコト:taku0126jp

バニラエア(Vanilla Air)に乗って成田空港から函館空港へ行く

バニラエア(Vanilla Air)に乗って成田空港から函館空港へ行きました。

函館空港へは羽田空港からも行けますが今回の条件として

・安いこと

・成田空港発

が条件となりますのでバニラエア(Vanilla Air)を利用しました。

ちなみにバニラエアとJAL(日本航空)の羽田空港発と料金を比べてみると

バニラエア:15,920円

JAL(日本航空):23,080円

共に20kgまでの荷物預け入れ含む(時期により値段は変わります)

都内への移動費を考えてもバニラエアで函館に行くほうが安いです。

成田空港、バニラエアは第3ターミナルです。

第3ターミナルは動線のデザインに優れていてどこに行けば搭乗口に行けるか床を見ればすぐにわかります。

さて、搭乗手続き。

搭乗手続きは出発の1時間30分前から30分前までです。

JALやANAみたいにいつでもというわけにはいきませんね。LCCだから仕方ないです。

発券後搭乗ゲートまで移動。

これが遠い。歩いて10分位。なので搭乗手続きは早めに済ましましょう。また、搭乗ゲート付近にお店は1つ。飲み物と簡単なお土産しかありませんのでご飯や充実したお土産はゲートに行く前までに済ますのがオススメ。

 

機内への移動はあるきで。

 シート配列は 3 – 3

春秋航空より前も横もだいぶ広いけど、JALやANAには叶いません。

フライト時間は約1時間35分。

 

帰りもバニラエア(Vanilla Air)を利用しましたが、同時刻発で羽田空港便がありそちらが先に離陸するため、離陸するまで約20分程度待たせれますので成田空港での乗り換えの方は余裕を持ったタイムスケジュールで移動をしたほうがいいです。

 

成田から、函館へ、そして海外へ!バニラエアの予約はこちらから